解決事例
解決事例
メニュー

【相続】被相続人に多額の負債があったため相続人全員が相続放棄をしたうえで家裁に相続財産管理人選任の申立てをした事例

2017.12.21


依頼者は70代の男性でした。

ご相談者によれば、亡くなったごきょうだい(被相続人)には一定の財産がある一方、多額の負債が存在しているようであったことから、今後の対応についてお困りでした。

そこで、私は、相続放棄の手続とその後の相続財産管理人の選任申立ての業務を受任しました。まずは、家庭裁判所に相続放棄の手続に必要な書類一式をそろえて提出し、相続放棄の手続を完了させたうえで、相続人が不存在の場合に被相続人の財産を管理・処分し、債権者に弁済をするため、家裁に相続財産管理人の選任申立てをいたしました。その後、債権者に対する対応は、家裁から選任された相続財産管理人が全て引き継いで下さり、依頼者にはとても気が楽になったと大変感謝されました。

相続問題は、埼玉県所沢市の弁護士加藤剛毅にお任せ下さい。

解決事例一覧へ